スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
肌に危険なもの(塩素)
 毎日当たり前のように必ず使う水道水。

 実はこの水は肌や健康にとってとても有害な消毒剤(塩素)
 が必ず含まれています。

 塩素は健康や肌にとって有害であるのですが、塩素で消毒しないと
 病原菌だらけで安心して水を飲む事はできないのです。

 水道水は塩素を除去する必要があるのです。


 【何故塩素は危険なのか?】

 

 人の体はタンパク質(アミノ酸)で構成されています。

 そして病原菌も同様にタンパク質で構成してあります。

 ようするにタンパク質でできている病原菌を殺菌するということは
 人体にも有害だということです。

 塩素=タンパク質を壊す

 まず皮膚に付着した塩素は皮膚表面のバリアを壊すとともに
 体内に入り込み(経皮吸収)肌荒れや体内の各器官に
 悪影響を与えます。

 特にアトピー性皮膚炎のように肌に炎症があり、皮膚表面の
 バリアが無い状態は特に危険です。

 ついでに例をあげてみますとプールは水道水よりも強い塩素で消毒してあるので、
 アトピーや敏感肌の方は注意が必要です。

 次に水道水を飲んだ場合の有害性なのですが、
 皮膚同様にタンパク質を壊す作用があることと老化が促進される
 というおそろしい作用があります。

 体を老化させる活性酸素は体内でつくられる酵素によって
 おさえられているのいるのですが、塩素はその酵素を壊してしまうため
 老化が促進してしまうのです。

 塩素のおそろしさは他にもあります。

 それは水道水に含まれる塩素以外の有害物質と反応して、
 発がん性の疑いのあるトリハロメタンが発生する事なのです。

 しかも厄介なことに温度が高い方が発生量が多いので、
 お風呂やシャワーは最も危険であるといえます。


 【塩素の除去方法】


 塩素を除去する方法はいくつかあります。

 塩素を除去するにはビタミンCや浄水器が一般的で、
 お風呂にはビタミンCの粉末、飲み水は浄水器、
 あとシャワーの際には塩素除去機能のついたシャワーヘッド
 がお勧めです。



 「お勧め塩素除去製品」

 食品グレードの原末ビタミンC(L-アスコルビン酸) 250g

 

 ↑塩素除去シャワーヘッド


 普段はあまり気にしていない事で肌を危険にさらしているのです。

 特に水は使用頻度が高いので、見直す事での効果は高いといえます。

 肌の状態と生活習慣は深く関係していますので、水以外にも
 睡眠時間や食生活、適度な運動なども気を付けていきましょう。


 経皮毒とは?

 睡眠不足による肌荒れ

 トップページ 
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。