スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
医薬品と医薬部外品の違いについて
 化粧品や薬局で販売されている薬品には
 医薬部外品と明記されているものがありますが、
 医薬品との違いはどうなのでしょうか?

 医薬品と医薬部外品は安全性と、体への有効性を
 確保するために薬事法という法律で細かく規制されています。

 では薬事法に基づく医薬品と医薬部外品の定義
 について一部をとりあげてみます。





 【薬事法に基づく医薬品の定義の一部】

 1.日本薬局方に収められている物


 2・人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが
   目的とされている物。

 3.人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが
   目的とされている物。

 他いろいろ


 医薬品とは配合されている有効成分の効果が認められていて
 病気の治療や予防に使われるクスリなんですね。


 体に作用する有効成分が入っているため、使う場合には
 使用方法を守るのが鉄則とされています。



 【薬事法に基づく医薬部外品の定義の一部】

  次の各号に掲げることが目的とされており、かつ、
  人体に対する作用が緩和なもの。
 


 1.吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
 
 2.あせも、ただれ等の防止
 
 3.脱毛の防止、育毛又は除毛

 他いろいろ


 なお医薬品は「効能・効果」が明確に表示されているのに対し
 医薬部外品の多くは単に「医薬部外品」とあるだけなんですね。



 【注意事項】


 市販商品での医薬部外品の中にはいかにもすごく効き目が
 でるようにパッケージに書かれているのですが、
 定義にもありますけど、医薬部外品は人体に対する作用が
 緩和なものなのです。


 しかしながら次々に新商品が出てきて更に効果が期待できますと
 謳った商品が販売されています。


 結構高額な化粧品(医薬部外品)を購入し、皮膚が荒れたり
 乾燥したりする方が多いようですので、なるべく事前に
 危険な成分等を頭に入れておき購入前に表示成分をよく見て
 自分の肌に合ったものを選ぶ事をお勧めします。


 合成界面活性剤とは?

 石鹸とは?

 トップページ

 
スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。