スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
紫外線対策
 日焼けでおなじみの紫外線。

 ケアを怠ると肌が黒くなったり肌の内部を破壊され
 老化を促進したり皮膚ガンになったりします。

 紫外線に対する正しい知識を身に付け肌を守りましょう!


 【紫外線とは?】


 紫外線とは地球に届く太陽光線のうち、
 波長が短くエネルギーが高い光のことです。

 紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられますが、
 最も危険とされるUV-Cはオゾン層で吸収され
 地上には届かない為、直接肌に影響を与えるものは
 UV-AとUV-Bということになります。

 UV-A

 UV-Aは肌内部の真皮内に入り込み、悪さをします。
 
 ハリや弾力を担うコラーゲンやエラスチンを破壊したり、
 それらの結びつきを弱めて、シワやたるみを引き起こします。

 肌が日に焼けて黒くなるのはこのUV-Aの仕業です。

 
 UV-B

 UV-Bは主に表皮に影響を与えます。

 日焼けをして肌が赤くなるのはこのUV-Bの仕業です。

 このUV-Bの最も恐ろしい影響は浴び過ぎると遺伝子にまで
 ダメージを与え皮膚ガンになる可能性がある
ということです。


 【紫外線対策】

 紫外線は5月が一番強いとされますが、
 冬場でもUV-Aは2分の1にしかならないので
 年中通じて紫外線予防としなくてはなりません。

 対策としては、日光に当たらない事が一番なのですが、
 日常生活においてそれは難しいので日傘や防止手袋や
 UVカット化粧品等
で日になるべく当たらないようにしましょう。

 ここでUVカット化粧品に表示されているUVカット指数を示す
 SPとSPFについてご説明しておきます。

 SP=Sun Protection Factor

 SPとはUV-Aを防止する効果を示す数値で、
 PA+の+の数が多いほど効果が高いとみなされる(3段階)。

 日常生活ではPA+で十分ですが、長時間野外にいる場合は
 より強いものを使うなどして使いわけましょう。

 SPF=Sun Protection Factor

 SPFとはUV-Bの防止効果を示す数値で数値が高いほど、効果が高い。

 日常生活ではSPF10で十分ですが、長時間野外にいる場合は
 より強いものを使いましょう。

 但しSPFの倍はSPF20以上は効果があまりかわらないため
 肌の負担を考えるとSPF20以上は使用しない方が良いです。

 

 私のお勧めUVカット製品をご紹介します。


 



 UVホワイトプロ

 ノンケミカルでクレンジング剤を使わなくても
 石鹸で落ちる優れもの。

 もちろん合成界面活性剤、合成防腐剤、パラベン、合成香料等
 含まれてないです。

 肌への負担を極力抑えた安全性の高いUVカット製品です^^


 合成界面活性剤とは?

 化粧品による肌荒れ

 トップページ


 
スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。