スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
経皮毒とは?
 【経皮毒とは?】 


 経皮毒とは皮膚表面から有害な物質を吸収することです。


 皮膚表面にはバリアがあり近年までは
 皮膚表面からの物質の吸収はほとんどないと考えられていました。


 しかし最近の研究によって、脂に溶けやすい性質(脂溶性)
 の物質は皮膚からでも吸収されやすいということが
 わかってきました。


 医薬品にもステロイド(ホルモン剤)のように
 皮膚から吸収するものがあります。


 皮膚から吸収する成分で有効な物ならよいのですが、
 日用品や医療薬には毒性のある物質もあるため
 これらの経皮毒性化学物質が経皮吸収によって
 体内に入るとなると問題があります。


 また経口吸収の毒素排出率が90%なのに対して
 経皮吸収によって取り込まれた毒素の排出率は
 10%程度といわれています。



 経皮吸収する有害物質


 1. 副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)

  皮膚の炎症を抑える軟膏として使われるが、
  使用方法を間違えると皮膚に炎症が起こる。

 2. シャンプー剤やボディーソープなどの洗浄剤

  洗浄成分の合成界面活性剤が皮膚のバリアを
  壊し皮膚内に入り炎症を起こす。

 3. 洗濯用、台所用などの洗浄剤

  上記同様に合成界面活性剤による危険性があり
  洗浄成分の強さから特に注意が必要である。

 4. 乳液や美白剤等の化粧品

  化粧品の成分の乳化剤(脂と水を混ぜる)にも
  合成界面活性剤が使われており、商品によっては
  肌の荒れや乾燥の原因となる。



 経皮毒による症状(病気)


 1. 肌の炎症やアトピー


  経皮吸収により、肌の炎症やアレルゲンの侵入が原因で
  アトピーが発症することがあります。


 2. 内臓疾患

  皮膚から吸収された有害な物質が蓄積されて
  内臓疾患を引き起こす可能性があります。

 3. 癌

  皮膚から吸収された有害物質が原因で
  癌になる可能性が高まるとされています。
  特に皮膚癌にはこの影響が強いとされています。



 経皮毒の対処方法


 経皮毒の対処方法としては経皮吸収する物質に触れないことが
 一番の方法です。


 洗浄剤や化粧品等の成分表示で確認して
 経皮吸収する物質に触れないようにしましょう。


 症状はある日突然現れる

 肌に危険なもの(塩素)

 トップページ

スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。