スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
化粧品による肌荒れ
 今現在様々な化粧品が販売されており、
 それによる肌荒れに苦しむ方が後を絶ちません。

 ではなぜ、本来は肌を綺麗にしたり外的刺激から
 守るべき化粧品が肌荒れの原因になるのでしょうか?



 化粧品による肌荒れ

 化粧品には合成界面活性剤という乳化剤(脂と水を混ぜる)
 が含まれている。

 乳液が分離しないでクリーム状で長期間維持していて、
 肌に付けやすくキメが細かいのも合成界面活性剤の
 おかげなのです。

 しかし合成界面活性剤はその便利さと引き換えに肌表面の
 バリアを破壊してしまう危険な成分
でもあるのです。

 この合成界面活性剤が原因で肌荒れが生じたり内部の油分や
 水分が外部に流れ出てしまい乾燥肌を引き起こしたりします。

 そればかりか、バリアがあれば侵入してこないはずの保存料(パラベン等)
 や着色料(タール色素)なども侵入し肌荒れの原因となります。

 すべての化粧品が悪いというわけではありません。

 中には低刺激の肌にやさしい化粧品も沢山ありますので、表示成分
 をよくみてご自分の肌に合ったものを選ぶとよいでしょう。


 便秘による肌荒れ

 睡眠不足による肌荒れ

 トップページ

スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。