スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
お酒の飲み過ぎによる肌荒れ
 お酒の飲み過ぎが原因で肌が荒れる事があります。

 
 お酒は百薬の長と言われていますが、飲み過ぎると
 肝臓疾患になったり肌が荒れたりします。


 お酒の飲み過ぎによって肝臓で処理できなかったお酒は、
 毒素に変わり肌を経由して、排出されます。


 またお酒はビタミンを奪ってしまうので、お酒を飲み過ぎた
 次の日は肌がカサついたりすることがあります。

 これは私の友人の話なのですが、お酒好きで毎晩多量に
 飲んでいるといつのまにか唇が縦に裂けて出血したそうです。

 唇は表面が薄いため症状が出やすいのでしょうね。

 女性の方だとお酒を飲みすぎる事でメイクを落とさずそのまま
 寝てしまう事もあるでしょう。


 肌を健康に美しく保つためにはお酒の飲み過ぎには
 注意しましょう。


 化粧品による肌荒れ 

 内臓疾患による肌荒れ

 トップページ

 
スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。