スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ▲ top
合成界面活性剤とは?
 まず界面活性剤とはどういうものなのか?

 
 本来、水と油は混ざらない。
 水と油が分離した境目を界面といい
 界面活性剤はこの両者を混ぜるものなのである。


 石けんや洗剤やシャンプー剤が界面活性剤であり、
 一般的に石けん以外の界面活性剤を合成界面活性剤
 と呼ぶことが多い。


 合成界面活性剤は水と油を混ぜたり、汚れを
 落とす作用があるが、その反面では皮膚表面の
 バリアを壊してしまい、肌荒れや乾燥肌の
 原因となることもある。



 【合成界面活性剤の種類】


 洗浄剤


 油汚れを水と混ぜて洗い流す作用を持つ。
 皮脂や細胞間脂質が失われ易い。

 (シャンプー剤、洗剤、ボディーソープ等)


 浸透剤


 育毛剤や美白剤、保湿剤を皮膚に入れるためには
 皮膚表面のバリアゾーンを壊さなければ浸透しない。


 浸透剤とは、バリアゾーンを壊しながら育毛剤や
 美白剤等と肌に入れ込むものである。


 当然、皮脂や細胞間脂質などの油も流失させ、
 敏感肌や乾燥肌になり易い。


 乳化剤


 油と水を混ぜて乳白にする。
 皮脂や細胞間脂質が失われ易い。


 (乳液などいろいろな化粧品に使われている。)


 帯電防止剤


 髪や衣類に長時間水分を含ませて
 静電気の発生を防ぐ。


 柔軟剤


 髪や皮膚を柔軟にする。


 皮膚のバリアについて

 皮脂は天然のクリーム

 トップページ

 
スポンサーサイト
| サイトマップ | トップページ | 基礎知識 | 乾燥肌と脂性肌 | 肌荒れの原因 | 管理者情報 | ▲ top
| メイン |
クラウドコンピューティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。